読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

50歳だから冒険する!

ふと思うと、人生は折り返し点をすぎ・・。今日からは、できない理由は考えない、やりたいことはすぐやる、全部やってみる!その冒険の旅、第1日目は、延ばし延ばしにしていた新しいブログからスタートさせます!

第10回クラシックの風コンサート開催①

knotsofart.com

先日、5月22日の日曜日午後、わたしが主催しています「クラシックの風」コンサート第10回目公演を、たくさんの人たちのお力添えのもと、無事に開催することができました。

コンサートというのは、わずか2時間ほどの時間ではありますが、実に4か月の時間をかけて準備します。公演を終えるまでは、お客様の数や、演奏家の体調、資金繰りと、かなり緊張する日々ですが、終わってしまうと、一緒に準備してくださった人たちとの時間、前日から当日にいたる演奏家たちとの幸せな時間と、たくさんのかけがえのない思い出がよみがえってきます。

大切な人たちと過ごす時間は、なによりもの財産。

そして、応援してくださった方々の力は、なによりも勇気。

音楽にかける青春まっさかりの演奏家たちの素晴らしい「クラシック演奏」を、すこしでも多くの人たちに届けて、幸せになってほしい!

という夢を叶えるために、応援くださる人たちに巡り合えてきた幸せを、本当に感謝しています。
そして、コンサートというのは、考える以上にお金がかかります。とてもチケット販売だけでは開催は不可能ですが、この「クラシックの風」コンサートには、その理念に共感し、長くご協賛をくださっている企業の方たちの「協賛金」で開催が可能となっています。

改めて、そのことに感謝の気持ちをお伝えすると共に、企業メセナの協力あっての開催であり、街の文化の発展に寄与できる可能性が生まれているということを、知っていただければ幸いです。

f:id:knotsofart:20160604113555j:plain

これから数回にまとめて、コンサートの想いでなど、忘れないうちに、少しずつ書き綴ってみようかなと思っています。

今日は、ざっくりコンサートのご紹介。なにせ、メインは音楽なので、文章や画像で伝えられることは、わずかですが。

 

5月21 日夜、静岡(というか焼津)に演奏家四人、そして主人とわたしとマネジャーを引き受けてくださっているO氏。美味しいイタリアンを囲んで、至福の時間を共有しつつ、士気を高める?会。
あの時のなにげない時間は、終了後わたしの一番楽しかった時間として、刻まれることになりました。みんなの高揚した笑顔、暖かさ、どこかにある緊張感。

 

この後4人はスポンサー企業のいちまる様のご配慮で練習場所を提供していただけ、夜中の1時半まで合わせをすることができました。真剣勝負です!その後、ホテル泊。

朝10時頃、会場(しずぎんホールユーフォニア)入り。
ここからは、開場予定の13時までは、多忙しです。
自宅のマンションの大家さんから、美しいお花が届きます。(娘の朔子を、自分の子どものように応援してくださっている素敵な方で、毎回コンサートにもお友達を誘ってお越しくださいます)

f:id:knotsofart:20160604120803j:plain

ホールでは、真剣なリハーサルが続きます。弦楽器の美しい音色に癒されたくて、用事もないのに、時々ホールで休憩(笑)
リハーサルを聴けるのは、がんばってきたご褒美♡
今できる最高の音楽を届ける意気込みが、その姿から伝わってきます。この最上・最高を目指す姿勢こそ、応援するわたしたたちを鼓舞し、やる気にさせてくれる源です。

f:id:knotsofart:20160604120950j:plain

f:id:knotsofart:20160604120917j:plain

午後は、マネジャーO氏のチョイスで、見た目にも素敵、女子も大満足のヘルシー&スイーツなランチが、控室にならんでいて感動しました!←わたしには出来ん・・(^^;)
さすがは、テレビマンだった方です。残念ながら、写真がなし。

主人も、朝から休日返上で、スタッフをやってくれていました。何といっても、手弁当なコンサート。そして、実家からは、父母もやってきていて、そのお世話なんかも主人担当です。ありがたし。
ということで、次回は、スタッフや演奏家紹介など、コツコツとアップしていきます。